ナマの声を通してより深く実践的に学べる場
             長年の本質実践セミナー
          プロ養成と体得実践から生まれたエッセンス
           智恵の集大成がここにあります
 
ブログ & メルマガ


【  ブ ロ グ 】
『味わう本質フレーズ集』
沢野只幸 所長

これからの21世紀の時代に求められる、 あらゆる物事の本質を解説しながら、現代人にとって、 これからの時代の唯一の活路とは何かを解説しています。

http://honshitsu.jugem.jp/



【  ブ ロ グ 】
『幸せと成長のレシピ!』
木村千鶴子

「新しい時代の流れ」と「物事の本質」を理解して、地球に人として生まれてきた目的「幸せと成長・進化」を充分に楽しむためのヒント「本質的教養」です!

プロを目ざす人、
人を教え育てる立場の人にお役に立てる内容です!

http://honshitsu2.jugem.jp/

☆『地球人生の最終目的地』をアップしました!



【 メルマガ 】
21世紀の
「仕事」と「人間関係」を
創造するために!


創造力・直観力・行動力を
どう開発すればいいかの
ヒント満載 !!

バックナンバーを見る
(11〜30)
(31〜51)





 
本質学セミナー
人間力開発セミナー
   テキスト



誰が、どこで、
何をしていても
働いている
普遍的法則集です。

この法則集の基本を
消化することで
していることが
ポイントを突くようになり

心底望んでいることが
的確な形に
なっていきます。


 詳細はコチラから



  本質学セミナー
 人間力開発セミナー

  ワークブック



ワークシートの
テーマに沿って
書いていけば
自分がどうしたいのかが
鮮明になります!!

なすべきことを仕事とし
本心からの願いを形にして

お金と時間からの自由と
役割り・目標を達成する

 自己実現ノートです。


この一冊さえ手元にあれば
自分が何を求めているのか
何をしたい人間なのかを
自覚でき
おのずから
行動が起きてきます。

さらに詳しく知りたい方!
 
詳細はコチラから  





  本質学セミナー
 人間力開発セミナー



 『セミナーテキストの
普遍法則』を
あなたの現実に即して
分かり易く適用し

ガイドに従って
ワークブックに
書き込んでいくことで

個性の資質や
目標課題を
一つに絞りこめます。


『個別の本質対話』を
通して

あなたの
具体的な問題解決と

その意味・目標へ向けて
独自性発揮のための
準備と土台づくりをします。

さらに詳しく知りたい方は!!
 詳細はコチラから  


 
       【 今なぜ本質学なのか! 】

 
本質学研究所では、誰もが目の前の課題を発見でき、それに向かって創造的に取り組める意識づくりと、具体的手法をガイドしています。

              ☆

21世紀を生きる現代人にとって、必須能力と言われている 『知恵の創造表現能力』は、当面する物事をただ単に常識的に見ている視点から脱して、

『物事をより本質的に捉えることのできる意識』と、それを『いかに、より本来の状態に近づいたものにするか』をカタチにしていける人間本来の能力を取り戻すことによって、必然的に生まれてきます。

物事の『本来のあるべき姿』が直観的にイメージできており、今の現状になってきた推移と原因が洞察できれば、そのギャップをどのように埋めていけばいいかが見えてきます。

これは、人間の感覚に本来備わっている能力です。

この『人間本来の能力』をどう取り戻せばいいかが、私たちが今この時代に生きている理由だとも言えます。

              ☆

自分の『エネルギーが低下している』という状態にある時は、ある一定の集中レベルを必要とする「時代の流れ」にスムーズに乗ることができないために、

いくら良い考えやアイデアがひらめいても、それを実際に実行するエネルギーが足らなくて、結局、それを実現することができないという状況を体験せざるを得なくなります。

自分らしい特徴を発揮できる人生を実現するためには、自分がそれをすることに「意味」を感じる行為をやり続けることと、

最終的に得たい結果を鮮明にイメージして、心の中でそれを「生涯追求したいテーマ」にすることです。

同時に、その一点に気持のすべてを向けることによって得られる『プラスエネルギーの状態』を心に保ち続けます。

さらに、その強いエネルギーが、心の奥底から出てくる恐れや不安を一瞬のうちに打ち消してしまえるだけの『今ここの一点に集中固定化されたエネルギー状態を

心の中に確立する』ことができれば、その集中状態が、『今ここの永遠』との一体感にまで進んでいきます。

これが本当の意味で、21世紀が要求する「自立」した意識の状態です。

              ☆

歴史的にも「親方日の丸、寄らば大樹の陰」の体質、つまり国や会社、パートナーに『依存している』体質から 、

物事を自分の頭で考え、主体的に物事に取り組むことのできる『自立した心構え』に転換していくことが時代的に急務です

旧態依然としたものを、新しい時代に対応できる形に作り直そうとする創造的な取り組み方、

出会った人の持っている天性の特徴を、お互いに最高に活かそうと努力し合う人間関係能力、

難しい状況に直面しても逃げないで、その挑戦心を最後まで貫いて、見事なまでの結果を出せる問題解決能力、

そのような人間力発揮の根源になっている『意識の力の開発』が要求されています。

本質学研究所は、30年前から『21世紀型人財の育成』に取り組んで来ました。この物事の取り組み方の姿勢そのものである『意識の力と知恵の開発法』を指導しています。

「目の前の事実が意味する真実とは何か」、「物事の本質とは何か」、 「私たちは何のために、何をするために生まれてきたのか」、「これからの時代をどのように生きていけばいいのか」、

「自分らしい生き方をどう創造していけばいいのか」、「自分のしたいことをどのようにして仕事にしていけばいいのか」等に対する探求と育成、サポートの実践から生まれた本質学を学びながら、

目の前の意味を感じ取っていけば、この時代が求めている「より確かな判断力と主体的な実行力」が身につき、独自の仕事を創り出すことができます。

              ☆

家庭でも、学校でも、職場でも、今まで誰にも教えてもらえなかった「物事の本質的な理解力と確かな判断力、応用実行力」が、この本質学を学ぶことで得られます。

それが、あらゆる場面に直面した時に、「これをどう判断すればいいのか」「これをどう実行すればいいのか」の、より確かな土台となります。
        
        >> 
続きはコチラから


     あなたの疑問に即、ナマの声でお応えする
        

       〒259-0302
     神奈川県足柄下郡湯河原町門川493-2
     TEL & FAX  0465-62-3313

     お問い合せ honshitsu@nifty.com













  本質味わいフレーズ集

  読めば読むほど
   意識が深くなり
  より良く変化していく

   知恵の詰まった
   フレーズ集です。

   その(1)   その(2)

   その(3)   その(4)

   その(5)   その(6)

   その(7)   その(8)

   その(9)   その(10)

   その(11)  その(12)


 本質学基本講座    


(1)個性の発揮と才能の開花

(2)ストレスとリラックス

(3)想いが現象を創り出す

(4)新しい時代を生きる

(5)仕事の本質とお金 

(6)男と女と
   性エネルギーの昇華

(7)結果の内容は
   出発点の動機で決まる

(8)人はなぜ
   病気になるのか

(9)出会いと別れ

(10)宗教・哲学・芸術は
    どこから
    生まれてくるのか

(11)人生の行動指針

(12)言葉のトリックに
    陥らないために

(13)私たちはどこから来て
     どこに行くのか


   (14)人生を決定する要素
とは何か
    

                                                                                人は何のために
    生きているのか目次



    三つのポイント


物事のポイントを
3つに絞る

《幸せなお金持ち》

《起業する》

《充実した人生》

《必ず達成する目標》

《人生の転機》

《シンプルライフ》

《速読》

《人生の目的》

《人が動く》


ページアクセスは
コチラから



   お 知 ら せ

 
 相互リンクの詳細
       コチラから


    
   ※『年会員』さんの     
    募集を始めました
 



    
 ※『本質学セミナー』は     
   毎月、第三金曜日と     
   土曜日に開催中です
 



    
 ※『セミナー講師』     
  養成受け入れ中!
  (本質学セミナー受講者)


 















































             トップ | 本質味わいフレーズ集  |  本質学基本講座 |  購入方法 |  マップ
                      Copyright(C) 2005 Honshitsugaku.Institut, All Rights Reserve.